耳鳴りは、ハンターの内在人格にある能力の一つ
初心者の多くは、耳鳴りの能力についてイマイチわかっていません(強いのに・・)
 今日は、この耳鳴りの活用法について、少しだけ話していきます
IMG_5790

 内在人格にはフクロウや傲慢、後知恵、抑制など、様々な能力がありますが、耳鳴りに秘められた強さに、ほとんどのプレイヤーが気づいていません。
 耳鳴りを使わないハンターは、チェアを守ることに必死で真後ろにいるサバイバーに気づかない愚かな人です。ただ上手に使うハンターは本当に強いです。

IMG_5794

マップの右上(赤丸部分)にアイコンが出ていますね
これは周囲36メートル以内にサバイバーがいますよという信号です

IMG_5792

この信号により、ただ放浪しているだけのお爺さんから、立派なハンターとしての動きができる様になります。

耳鳴りの活用(内在人格の複合技)


耳鳴り➕ねらう

IMG_5793

ゲームが始まるとハンターは獲物探しにマップを走り回ります。

もちろん解読ポイントを探す方が簡単ですが、この複合技を使う事で、より正確に獲物をあぶり出せます。

イメージとしては
耳鳴りにより36メートル以内にサバイバーがいる事を確認
さらにねらうにより24メートル以内の解読中の暗号機(サバイバー)を表示
獲物発見!!捕まーえたっ!!
てな感じです(かなり使えるなぁ)


【耳鳴り➕ねらう】はサバイバーの寒気で対策されます だがしかし
なぜハンターは直ぐに獲物をを見つけ出せるのか、それは、耳鳴りと寒気に決定的な違いがあるからです。
IMG_5795

 ハンターの耳鳴りはレーダー(周囲)にたいして
サバイバーの寒気はライン(直線)だからです
ハンターが探りを入れていて、サバイバーの後ろを毎回毎回取るわけではありません。
仮に取ったとしても、そこはポテンシャルでカバーできます。


 ロケットチェアに縛り付けている間も、守るだけでなく、周囲の獲物の匂いを感じる事ができます。

 耳鳴りのバグ
通常はチェア拘束時、ダウン時は耳鳴りがしません
チェア打ち上げ時に耳鳴りがすることがありますので、そこは注意してください